読んだ本のメモ

印象に残った言葉をメモします。

2019-01-20から1日間の記事一覧

人間にとって法とは何か

「第8章 儒教と法 1徳治主義と法治主義 法ではなく徳による支配を 次は儒教についてです。 儒教というのは、孔子、孟子の教えで、中国の大思想ですが、最初におさえておくべき事は、儒教のグループ(儒家)は法家と論争していて、これを論敵としていたとい…

人間にとって法とは何か

「浄土真宗の革命性 さらに注目すべきなのは、浄土真宗の考え方です。 親鸞という人が現れ、僧侶でありながら、はじめて結婚しました。彼自身は「非僧非俗」と言っていますが、自分は出家者か。いや、出家者(僧侶)ではない。在家者か。いや、在家者(俗人…

人間にとって法とは何か

「3 日本仏教と法 戒律を学ばなかった日本仏教 日本にも仏教が入ってきますが、日本仏教のひとつの特徴は、戒律がきちんと入ってこなかった点です。 中国に入って来た戒律すら日本には入って来なかったので、戒律が何かということがよくわからず、戒律を研…