読んだ本のメモ

印象に残った言葉をメモします。

#練習用

不思議なキリスト教 第一部を移行しました。

未だにはてなブログへの移行ツールが表示されません。 コピペで移行させます。 移行先は、はてなブログ「読んだ本のメモ」です。

「夜回り先生のねがい」を移しました。

〇水谷修著「夜回り先生のねがい」をはてなブログに移しました。

充たされざる者

〇カズオ・イシグロ著「充たされざる者」を読みました。 カズオ・イシグロを読む時、何故なのかよくわからないのですが、 心が落ち着くというか、読んでその世界に入るのが嬉しい…という気持ちになるので、次々と読み続けてきたのですが、今回のこの本は、ち…

「サピエンス全史 下巻」を移しました。

はてなブログ「読んだ本のメモ」に「サピエンス全史下巻」を移しました。

サピエンス全史 上 を移しました。

サピエンス全史 上 をはてなブログ「読んだ本のメモ」に移しました。

「一下級将校の見た帝国陸軍」を移しました。

「一下級将校の見た帝国陸軍」をはてなブログ「読んだ本のメモ」に移しました。

「日本はなぜ敗れるのか」を移しました。

多くの人々が本当に悲惨な目に遭った戦争。その具体的な事柄を一つ一つ挙げて、 何故こんなことが起ったのだろう…と小松氏と山本氏が検証をしました。 もう二度とそのようなことがないように…と心から願うのに、 今の日本は、その反省や悔いをすっかり忘れて…

「シーラという子」を移行しました。

こちらに移行しました。「読んだ本のメモ」

少しずつ移行させます。

〇 ブログを移行させようと思っているのですが、きちんとできるかどうか、 心配なので、読み直しながら、少しずつコピーして、移行したいと思います。 最初は、「シーラという子」と「タイガーと呼ばれた子」から始めたいと思います。

私たちが孤児だったころ

〇 カズオ・イシグロ著「私たちが孤児だったころ」を読みました。 この作者の物語は、ジグソーパズルのように、エピソードがバラバラに語られるので、読み終わると、必ず最初からもう一度読み直したくなります。 今、もう一度読み直している所なのですが、そ…

ギケイキ 2

「普通、家に上る時は沓を脱ぐ。土足で上がるという事はない。それが他人の家なら猶更である。同様に他人の邸内に入る時は馬から下りる。あたりまえの話だ。ところが弁慶は大黒に乗ったまま門をくぐり、そのまま庭に入って行った。庭や詰所には何人かの侍が…

ギケイキ 2

「それで説得されたのか、されなかったのか。あるいは全体的に義経寄りの世論を気にしてか、その後、私の処分は暫くの間、保留になった。 けれども頼朝さんの私に対する疑念と恐怖は払拭されることがなかったのだろう。なお面会は許されず、そこで私はあらゆ…

キゲイキ

〇 新刊本にはなかなか手が出せず、「キケイキ2」もかなり前に、図書館に予約しました。 やっと自分の番になり、読むことが出来ました。 読みやすくすぐに引き込まれました。 もうすぐ返さなければならないので、印象に残った言葉をメモしておきたいと思い…

死にゆく人のかたわらで

〇 三砂ちづる著 「死にゆく人のかたわらで」のメモをしました。

安倍官邸とテレビ

「(4)「誤った根拠による規制強化」を許すな 「表現の自由」へ向けたアピール 二〇一五年一二月一五日、私はジャーナリストの坂本衛氏、映画監督・映像ジャーナリストの綿井健陽氏と共同で、日本外国特派員協会において「放送法の誤った解釈を正し、言論…

安倍官邸とテレビ

「(3) 視聴者はどうすべきか テレビを「ほめる」ことの意味 それでは、我々視聴者は何をすべきか。 最も簡単かつ有効な方策は、テレビをほめることだ。 なにも、無理にほめることはない。「見てよかった」「ためになった」「感動した」と少しでも思えば、…

安倍官邸とテレビ

「(2) テレビは「オワコン」か メディア批判のベースとなる感覚 ネットなどでは、テレビは「オワコン」(終わったコンテンツ)とも言われる。 同様に「マスゴミ」という用語もネットユーザーの間で流布されてきた。 既存のメディア関係の辞典ではあまり扱…

安倍官邸とテレビ

「第五章 「表現の自由」は誰のために (1) そして誰もいなくなった? 二〇一六年四月の番組改編で、安倍政権に批判的、ないし過去にトラブルとなったテレビ番組のキャスターが次々と降板することとなった。 テレビ朝日系「報道ステーション」の古館伊知郎…

安倍官邸とテレビ

「(5) 自民党勉強会での「妄言」 オフレコだからでは済まされない 二〇一五年六月二五日に開催された、自民党の第一回「文化芸術懇話会」。安倍首相の側近議員を中心とする勉強会で、出席した自民党議員や講師をつとめた作家の百田尚樹氏が、数々の”妄言”…

安倍官邸とテレビ

「政府・自民党の「反論」 このBPO意見書に対して、公表同日に高市早苗総務大臣が談話を発表し、「放送法の番組編集準則は、法規範性を有する」と反論。九日には菅官房長官が会見で同趣旨を述べ、谷垣禎一・自民党幹事長も同日の会見で「報道の自由があるか…

安倍官邸とテレビ

「(4) 前代未聞の「テレビ局呼びつけ」 個別番組についての事情聴取 二〇一五年四月一七日、自民党「情報通信戦略調査会」が、NHKとテレビ朝日の経営幹部を党本部に呼びつけた。「情報通信戦略調査会」は個別テーマごとに三〇を超えて設定された党内の調…

安倍官邸とテレビ

「「中立」「政治的公平」とは何なのか? (略) 今回の「お願い文書」には、次のような問題があります。 (1)「中立」という誤った考え方を放送局に要求……対立する両者から等しく距離を置き、どちらの味方もしない「中立」は、言論報道機関が必ず守るべき…

安倍官邸とテレビ

「組合は何をしているのか このような報道姿勢を、当事者であるNHK職員はどう感じているのだろうか。 二〇一五年八月に、NHKの組合である日放労の幹部と懇談する機会があった。特に番組制作に携わる人々は事態を憂慮し、「現場は忖度などしていない。番組でN…

安倍官邸とテレビ

「データで示された「NHKニュースの偏向」 最近、筆者の周りで「NHKニュースがあまりに政権寄りなので、見なくなった」との声を聞く。(略) 籾井会長就任以来、政権寄りの報道がなされている実状について、NHKのOBを中心とする「放送を語る会」が地道な実証…

安倍官邸とテレビ

「人事権行使で異常事態 先に紹介したように、放送法はNHK副会長、理事の任命権を(経営委員会の同意を条件とはするが)会長に与えている。この人事権行使も問題となった。 放送法施行規則で決められた、経営委員会への事前打診を行なわず、当日説明して同意…

安倍官邸とテレビ

「二〇一三年一〇月二五日、経営委員の人事案(新任四名、再任一名)が国会に提示され、一一月八日に衆参両院の同意を得て決まった。これを受けて一一月一一日、小説家の百田尚樹氏、日本たばこ産業(JT)顧問の本田勝彦氏がNHK経営委員に任命された。 百田氏…

遠い山なみの光

〇 カズオ・イシグロ著 「遠い山なみの光」を読みました。 訳者が違うからなのか、読み始めた時、会話があの小津安二郎の映画のようだ、 と思いました。 と言っても、小津安二郎の映画もそれほどしっかり見ているわけではありませんが。 何がいいたいかとい…

安倍官邸とテレビ

「「持論を訴える時間が確保できる番組」を選ぶ それまで首相のテレビ出演は、各局順番に出演することが内閣記者会と首相側との取り決めだった。首相側によるメディア選別を防ぐ目的だったが、第二次政権の安倍首相再度は、「慣例にとらわれず単独インタビュ…

安倍官邸とテレビ

「蜜月メディアへの出演 首相が登場するメディアを自ら”選別”するのも、第二次政権の大きな特徴だ。(略) 安倍主張と蜜月関係を続ける読売新聞、産経新聞の別格二社に続き、年明けに、東京新聞(一月九日)、日経新聞(一月一〇日)が単独インタビューを実…

安倍官邸とテレビ

「第四章 第二次安倍政権によるメディア介入 二〇一二年一二月の第四六回総選挙で自民党は民主党から政権を奪還し、第二次安倍政権がスタートした。(略) 本章では、第二次政権スタートからの三年間を振り返り、メディア幹部との会食、登場メディアの選別、…