読んだ本のメモ

印象に残った言葉をメモします。

苦海浄土

苦海浄土

〇 石牟礼道子著 「苦海浄土」を読み始めました。 私は多分、「文学」というのがあまり得手ではないのだと思います。 情景描写や繊細な言葉の響きを楽しむところまで行きません。 退屈してきて、また今度にしよう…となります。 そして、結局は読まずに終わり…