読んだ本のメモ

印象に残った言葉をメモします。

藍より出でて青



邵可が言った言葉が気になっています。

「十割で好きだと言ってくれる相手に、中途半端な好きを返してはいけないよ。
それは相手をとても傷つける。期待を持たせるくらいなら、関わるのはよしなさい。」


そして今読んでる部分。

「良い子ちゃんの紅秀麗。人殺し。何もできないくせに、何かできるフリをした。
(できたのは、あなたを殺すことだけだった。)」


気持ちとしてはメチャメチャよくわかります。私もどちらかというと、
こんな風に考えるタイプの人間です。

でも、そうは考えないようにしています。


神(=全知全能、完全であることの象徴) を想定する時、

人間は不完全 不可知 な存在 と知るようになります。

人間は、全てを知ることが出来ず、もともと出来ることなど限られている
存在であるというのが真実だと受け入れて生きるようになります。

だから、故意に人を傷つけようとすれば、「悪」になるけれど、善意で結果うまくいかず傷つけてしまったことに関しては、
「許し」があると思えるようになります。

「神」がある時、人間は不完全なままの存在が「許される」ようになります。

もし、不完全な人間に神のような完璧さを求められるなら、
人間は何もしないのが一番良い、となり

誰とも係わらなければ、誰も傷つけない。
何もしようとしなければ、間違うこともない。

と考えるしかなくなります。

神なしで生きる人間は、「悪」を正当化するか、

もしくは…

完全であることを自分にも他人にも求め、それが叶わない世界に、
絶望したり、呪ったり、恨んだりするしかなくなる。

自分も許さないかわりに、他人も責め続け、
追い詰めて、生きられない世界の中で、
生きるしかなくなります。

だからこそ、人間が互いに係わり合い許し合い愛し合う為には、

どうしても「神」という概念が必要なのだと思うのですが、

神は「概念」なので、すぐに誰かにとって都合の良い「概念」に

すり替えられたり、もしくは、すりかえられているという

疑念が湧いたりで、やっかいなことになる。

だからといって、「神」無しでやろうとすると、

今度は、お金や身分(権力や地位)や損得が崇め奉られる世界になって、

結局は、苦しみむ人を見ても何も感じない、非人だけが

蔓延る世界になる。




…なんてことを思いながら読んでいます。