読んだ本のメモ

印象に残った言葉をメモします。

紫闇の玉座(上)

司馬迅が監察御史より上位の侍御史!

そういうことだったのか~とびっくり!

じゃあ、旺季に「引き上げられて」葵 皇毅の下で働いていたということ?

でも、どうしてもわからないのが、あの陸清雅と秀麗が殺されかけた時。

あの時の凶手は迅ではなかったのか…

多分、何かどこかで勘違いしてたんでしょうね~(^^;

あと、もう一点。

やはり先代の黒狼は旺季の姉だった。

以前、それっぽい仄めかしはあったと思うけど、

ちゃんと書いてなかったと思う。今回、それもハッキリしてすっきりしました。

ということは、黒狼は、蒼家の子孫だということ。

それが自分の家の王を継ぐ権利を簒奪した、紫 戩華の為に働いていた。

そして、紫 戩華はこの先代黒狼ただ一人を愛していた。

本当に複雑に入り組んだ物語です。

旺季 「できたとしても、術者が死ぬ。…略… 朝廷の犯した失態の尻拭いで、

死んでくれとはいえん。 ……(略)… いつまでも術者や巫女に人柱をさせる

やり方は、私は大嫌いだ」

何人かの人間が死んだとしても、そのことで多くの民を救うことができるなら…

それもありかも… そう考えるのが、わが国の為政者のようにも見える昨今。

もし、本当にこんな旺季のような人が居て、その人が国を「創る」のが

実現するなら、多分「民主主義」だとか「人権」だとかいう言葉を

振り回す必要はなくなるんだろうな、と思います。

民主主義は時間がかかるし、結局どこかのへなまずるい役人が、

全て骨抜きにしたきれいな言葉の法律を作り、

真綿で国民の首を絞めるようなシステムを作ってしまう。

もし、こんな人が王であれば…と思うのが人情だと思います。

でも、そんな期待があのヒトラーを生み出したんですよね。

難しいです。

秀麗が頭のカラッポなバカ女といわれたことに関しても、

色々思うのですが、今回はやめておきます(^^;。