読んだ本のメモ

印象に残った言葉をメモします。

龍は眠る

宮部みゆき著 「龍は眠る」を読みました。

この本は、以前「海辺のカフカ」を買った時に一緒に古本屋で買いました。

テレビドラマ化もされているのかもしれません。見たことがあるようなストーリーでした。

「誰もが自分の中に一匹の龍を飼っている」というような文章がありました。

自分でコントロールできない自分がいる、という意味で全く同感だと思いました。

少し前から、少しずつ読んでいて、今日、読み終わりました。

面白かったです。