読んだ本のメモ

印象に残った言葉をメモします。

旧約聖書 伝道の書(コレヘトの言葉)

「第八章

だれが知者のようになり得よう。
だれが事の意義を知り得よう。
人の知恵はその人の顔を輝かせ、
またその粗暴な顔を変える。


王の命令を守れ。すでに神をさして誓ったことゆえ、驚くな。ことが悪い時は、王の前を去れ、ためらうな。彼はすべてその好むところをなすからである。王の言葉は決定的である。だれが彼に「あなたは何をするのか」と言うことができようか。命令を守る者は災いにあわない。知者の心は時と方法をわきまえている。


人の悪が彼の上に重くても、すべてのわざには時と方法がある。後に起る事を知る者はない。どんな事が起るかをだれが彼に告げ得よう。風をとどめる力をもつ人はいない。また死の日をつかさどるものはない。戦いには免除はない。また悪はこれを行う者を救うことができない。


わたしはこのすべての事を見た。また日の下に行われるもろもろのわざに心を用いた。時としてはこの人が、かの人を治めて、これに害をこうむらせることがある。


またわたしは悪人の葬られるのを見た。彼らはいつも聖所に出入りし、それを行ったその町でほめられた。これもまた空である。悪しきわざに対する判決がすみやかに行われないために、人の子らの心はもっぱら悪を行うことに傾いている。


罪びとで百度悪をなして、なお長生きするものがあるけれども、神をかしこみ、み前に恐れをいだく者には幸福があることを、わたしは知っている。しかし悪人には幸福がない。またその命は影のようであって長くは続かない。彼は神の前に恐れを抱かないからである。


地の上に空な事が行われている。すなわち、義人であって、悪人に臨むべき事が、その身に臨む者がある。また、悪人であって、義人に臨むべき事が、その身に臨む者がある。わたしは言った、これもまた空であると。


そこで、わたしは歓楽をたたえる。それは日の下では、人にとって、食い、飲み、楽しむよりほかに良い事はないからである。これこそは日の下で、神が賜った命の日の間、その勤労によってその身に伴うものである。


わたしは心をつくして知恵を知ろうとし、また地上に行われるわざを昼も夜も眠らずに窮めようとしたとき、わたしは神のもろもろのわざを見たが、人は日の下に行われるわざを窮めることはできない。また、たとい知者があって、これを知ろうと思っても、これを窮めることはできないのである。」


〇 あくまでも自己流に読んだ感想です。

現実の世界は、
「地の上に空な事が行われている。すなわち、義人であって、悪人に臨むべき事が、その身に臨む者がある。また、悪人であって、義人に臨むべき事が、その身に臨む者がある。わたしは言った、これもまた空であると。」
とてもとても理不尽だと嘆いています。

でも、
「罪びとで百度悪をなして、なお長生きするものがあるけれども、神をかしこみ、み前に恐れをいだく者には幸福があることを、わたしは知っている。しかし悪人には幸福がない。またその命は影のようであって長くは続かない。彼は神の前に恐れを抱かないからである。」
と、神を恐れるものは幸福で、悪人には幸福がない、という現実も確かにあると知っています。


世界は、このせめぎ合いの中にある、と、延々と描いているのだと
思います。

何故神がそんなせめぎあいの世界を作ったのか、とか、本当は神など嘘じゃないか、とかいう発想ではなく、現実を見て、それに対処する人の子の「在り方」を描いているのだと思います。

何故なら、「空を受け入れて幸福に生きる」というのが出来ないタイプの民族だったから。「信じたり愛したりすることと幸福が結びついている」としか思えないタイプの民族だったから。そして、皆で幸福になることを願う民族だったから。

そんな気がします。

空を受け入れて、それでいい、それが現実だ、と思えるタイプの民族は、神など求めない。求めないから、いない。

ちょうど、愛を求めなければ、世界に、愛などないと信じるように。