読んだ本のメモ

印象に残った言葉をメモします。

永遠の夏をあとに

彩雲国物語8巻「 心は藍よりも深く」を読み始めた所で、

雪乃紗衣さんが、「永遠の夏をあとに」という物語を出版しているのを知りました。

彩雲国物語はとても面白かったのですが、SF的なものは、イマイチ入り込めない方

なので、なかなか次の小説に手を伸ばせずにいました。

でも、彩雲国物語を再度読み始めると、ますます雪乃フアンになってしまい、

ダメでもしょうがない、とこの本を買いました。

 

そんなわけで、二度目の彩雲国物語は、8巻で中断し、こちらを読み、

その後、9巻の光降る碧の大地を読みました。

そして今、やはり、私は雪乃紗衣さんが好きだなぁ、としみじみ思っています。

 

9巻の「光降る…」で、茶州の問題は一件落着した感があるので、

ここで、彩雲国…は、少し休み、もう一度「永遠の夏…」を読み返しています。

今度は、時系列を頭の中で繋げながら読んでみたいと思っています。

 

この物語は、出だしから風景描写で始まっています。

私は昔から長々とした風景描写が苦手でした。

想像力や言葉を味わうセンスが足りないんだろうなぁ、と自覚はしても、

だからと言って、それらが身につくわけでもなく、

風景描写が始まると、だからそれで何だというの?

話の続きはどうなっているの?と、飛ばして先を読みたくなります。

 

ところが、ここが不思議なのですが、この本の風景描写は、

そうなりませんでした。

 

例えば、

「境内はがらんとしていた。草むらで虫が小さく鳴きはじめ、

藍色の空に一番星が光った。」

 

という一行を読んで、涙が滲むほど懐かしく、心が一気にその世界に連れて行かれる

ような気持になりました。

前後のエピソードがそのような空気を醸し出し、そうなるのだろうと思うのですが、

自分の中の体験や吸っていた空気などが、思い出されるような、

まさに現実ではないのに、現実のように感じてしまう感覚になりました。

 

そのような部分が、随所にあり、また、これは彩雲国…の時にも言いましたが、

漢字の持つ味わいが、あらためて意識させられるような、「古語」のような

言葉も使われていて、読んでいて、本当に楽しいです。

 

 

 

 

でも、