読んだ本のメモ

印象に残った言葉をメモします。

一緒にいてもひとり-アスペルがーの結婚がうまくいくために-

彩雲国物語の黎深や龍蓮を見ていて、もう一度この本が

読みたくなりました。

2008年に出された、カトリン・ベントリーというスイスの人が書いた本です。

カトリンさんはギャビンというオーストラリアの男性と結婚しました。

ギャビンは当時はまだ分かっていなかったのですが、37歳の時にアスペルがー

だと診断されました。

カトリンはその診断でやっと「ふに落ちました」。

そうだったのか~と。

彩雲国物語の黎深や龍蓮はもちろん実在の人物ではありません。

でも、あの行動。

なんとなくこの本の中のギャビンを思い出しました。

カトリンがまとめたギャビンの言葉を挙げてみます。

○友人への誉め言葉(失敗例)

「やせたね。この前見た時は、太っちょ母さんに見えたよ」

「おいしかったよ。この前のお持ち帰り(テイクアウト)とは違うね」

「そのショートパンツ似合うね。この前のではきみの脚が大木に見えたからね」

「今日のテニスはよかったね。ぜんぜんボールに当たらなかった前回より

ずっとよかったよ」

「もしぼくに友人ができるとしたら、きみだろうね。でも今はただの知り合いだ」


     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


わぁ~!私だったらとてもダメだなぁと思いました。

傷つきまくりです(> <)。

ある程度、自分に自信がある人なら……

……大丈夫でしょうか(^^;