読んだ本のメモ

印象に残った言葉をメモします。

劉輝と静蘭

紫 戩華の息子の中で、生き残ったのは、この二人だけ。

清苑(静蘭)は殺して欲しいと願ったのに、戩華は殺さなかった。

しかも、自分が身代わりになって死んだ。

物語なのでしょうがないのだけれど、この戩華、さっぱりわけがわからない。

もっとしっかり後ろ盾になって育てるってことにはならないのか…

と凡人は考えるのですが。違うんですね。

鈴蘭の君がわが子でありながら、王の邪魔になる存在だからと

殺そうとするほどに、静蘭は存在すると困る存在だった。

何故?やはり旺季の存在があったから?

茶州に追放される時、(静蘭が)もっとバカだったらこんなことにはならなかった…

と言った戩華。

等々…

この物語、一番最後に気になる余韻が残ってしまったのが、静蘭です。

劉輝は一応まともな王になり、秀麗とも結ばれ、

めでたしめでたし♪になりました。

でも、静蘭は、感情のみで突っ走る子供っぽさが最後まで見え隠れし、

でも、だからこそ、一番身近な並みの人間のように見えて、

心配になります。

静蘭の「一番」は劉輝。その劉輝をフォローし守ることで、静蘭は充分だった、

ということなのかなぁ。

まぁ、物語だからそんなに隅々まで突いてもしょうがないのですが。

それほどまでに、この中のキャラクターが私の中で、生きていて、

心配になる…ということなんですね(^^;。


何故、静蘭ではなく、劉輝が王になったかといえば、めぐり合わせ(劉輝は

やる気がなかったので、つなぎとして丁度良かった)ということに

なるのですが、劉輝と静蘭の比較で、何度も繰り返し出てきたのが、

劉輝は人を信じる。静蘭は誰も信じない、ということでした。

静蘭は劉輝を可愛がることで救われ、その気質に温かみが加わった。

でも、劉輝は静蘭と出会っていなくても、多分それほど

変化はなかったのでは…と書かれていた所もありました。

この部分、とても印象的でした。

というのも、私も「人を信じられない」性格なのです。

私は静蘭とは違って、ガラスの様な繊細で研ぎ澄まされた知性があるわけでも

ないのに、人を信じられない…という部分だけはそっくりなので、

救いようがありません(> <)。

思えば、能力や美醜に関らず、なぜか愛されるタイプの人と、

それなりに一生懸命頑張っても、どうしても何か厚い隔てを

感じながら付き合うしかないタイプの人がいます。

私は後者です。これはもうしょうがないなぁと思います。

この劉輝と静蘭のキャラクターに、そんな二つのタイプを重ねて見てしまいました。