読んだ本のメモ

印象に残った言葉をメモします。

彩雲国物語

PCの不調やその他の理由で、しばらく「本」から逃げていました。

 

というより、あの山本七平著「日本人とは何か」を読んでいるうちに、

私の中に生まれた疑念は、「私たちは結局変われないのではないか…」という気持ちでした。

あの太平洋戦争を乗り越え、私たち日本人は、一歩前進した、と私は思っていました。なのに、ここにきて、日本会議なるものが起こり、安倍氏のような、あの太平洋戦争を引き起こした政治家と似ている政治家が現れ、マスコミや芸能人を抱き込んで、世論を丸め込んでいく現状を見ました。

 

更に、創価学会公明党という形でまとめられ、お国に協調していく、

国民の姿も見てきました。

 

それで、すっかり絶望的な気持ちになってしまい

もうあの「日本人とは何か」を読み続ける元気もなくなりました。

 

そんな時に、ウクライナをめぐる戦争が始まってしまい、

朝も夕もそのことが頭から離れなくなってしまいました。

 

そこで、増々現実逃避のための「世界」が必要になりました。

少し前まで、赤毛のアンシリーズを読んでいました。

あの中にある、アンの言葉、

「現実の世界が辛い時、ほんの一時だけ、夢の世界に逃げ込んで、

元気をもらって帰ってくるのよ…」。

 

実際、アンの世界は、私にとってそういう世界でした。

アンシリーズを読み終わり、今は、彩雲国物語を読んでいます。

とても面白く、アンの世界と同じように、元気をもらえます。